DOLLS ⁄ 人形

人形の歴史は古くは土偶や埴輪に始まり、やがてそれぞれの国や地域ごとの文化や特色をいかして伝わってきました。
人形はもととなる形をつくり衣装を着せ、顔を描くという工程で作られます。人形の体全体は桐の材木や、桐の木の粉とのりを混ぜた桐塑とよばれる粘土状のもの、和紙を何枚もはり合わせたもの、陶芸で使う粘土などを原料に作られます。体となる部分ができあがったら、胡粉を塗って表面を整え、布や紙を着せ、彩色して仕上げます。

STEP / 作品ができるまで

TECHNIQUE / 技法

写真:木彫人形

木彫人形

木彫人形は、桐の木を頭・胴体・手足に分けて彫り、竹でできたクギを使って組み合わせて作ります。桐は樹脂が少ないので虫がつきにくく、軽くて丈夫で変形しにくく、人形づくりに大変適した素材です。

写真:桐塑人形

桐塑人形

桐塑人形は、桐塑という桐の木の粉に、のりを混ぜて粘土状にしたものを桐の木の芯につけて形を作ります。また、やわらかいうちは自由自在に形を変えることができるので、いろいろな形を作ることができます。後で形にくるいが出ないように、よく乾燥させることが大切です。

写真:張抜人形

張抜人形

張抜人形には、内張りと外張りの二種類の作りかたがあります。内張りの方法は、まず粘土で形を作り、石こうで型をとります。型の内側に和紙をはり重ねて、乾いたら型から抜き取り、桐塑などでさらに形を整えます。その上に胡粉を塗り、絵の具で色をつけたり布や和紙をはって仕上げます。また、外張りは木型の外側に紙をはり重ねて作ります。頭にさわると首が動くトラの人形や、ダルマ人形などが知られています。

写真:陶胎人形

陶胎人形

陶芸で使う粘土で形をつくり、窯で焼くやきものの人形です。まず、粘土で形をつくり、半分に割って1センチくらいの厚みをのこして中身を取り出します。2つを元の形にもどして整え、よく乾かして窯で焼きます。素焼の上に彩色して仕上げたり、細工をしてさらに高温で焼く方法もあります。石こうで型をとれば、同じ形の人形を作ることができます。

写真:布貼り

布貼り

色のちがう布をはって模様をつくります。

写真:木目込み

木目込み

胴体のみぞにのりを置き、布のはしをヘラで押しこみます。

写真:嵌込み

嵌込み

和紙で型紙を作り、布でくるんでパーツを作り、はり合わせます。

写真:紙貼り

紙貼り

染めた和紙をはって模様をつくります。

写真:彩色

彩色

胴体のうえにいろいろな絵の具で直接描きます。

写真:彩彫

彩彫

胡粉に絵の具を混ぜたものを重ね塗りします。彫って下の色を出して模様をつくります。

  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧

WORK / 作品

作品をもっと見る

FAMOUS LOCAL BRAND / 主な産地

写真:博多人形

博多人形

博多人形は、福岡県福岡市を中心に製造販売されている粘土製の素焼きの人形のことです。その特徴は、胡粉により白く彩色されたきめ細かい白肌にあります。