写真:木彫人形

木彫人形(もくちょうにんぎょう)

木彫人形は、桐の木を頭・胴体・手足に分けて彫り、竹でできたクギを使って組み合わせて作ります。桐は樹脂が少ないので虫がつきにくく、軽くて丈夫で変形しにくく、人形づくりに大変適した素材です。

作品を見る

ココに注目

細かい髪飾りも全部木を彫って作ってあります。このような細かい細工の時は、桐よりかたい木を使います。指先の表情を木を彫って出すのはとても難しい技です。

Information / 作り方

木彫人形の作り方

  1. ①桐の木から頭・胴体・手足を彫ります
  2. ②胡粉を数回塗って紙やすりでみがいて表面をととのえます
  3. ③胴体のみぞに接着剤で衣装を木目込みます
  4. ④絵の具で髪や顔を描き、胡粉を塗った手足を胴体に取りつけ完成!
  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧

Works / 作品

作品をもっと見る