Metal works ⁄ 金工

金工とは金属を使ってつくる工芸品のことです。金属と聞いてどんなものを思いうかべますか?金属は私たちの身のまわりにたくさん存在します。金属は他の工芸品の素材とは大きくちがう特徴があります。

General Production Process / 制作工程

Techniques / 技法

鋳金 溶かして形を作る技法です

写真:蝋型

蝋型

蝋で作った型に砂と粘土を混ぜた鋳型材を塗り、その型を蝋がなくなるまで焼きます(脱蝋)。次に熔けた金属を流しこみ、さめたら型をこわします。熱で蝋が熔けてなくなり、蝋で作った形そのままに作品をつくることができます。

写真:惣型

惣型

砂と粘土をまぜた土で形の輪郭にあわせた型紙の板を直接回転させて、型を作ります。おもに茶道で使われる茶の湯釜や、お寺のつり鐘などがつくられます。型から取り出した釜は、熱しながら漆やおはぐろなどを塗って、独特の美しい色に仕上げます。

写真:込型

込型

まず、粘土で元の形を作り、その形を写して石こうで原型を作ります。原型を鋳物土でおおい、形を写して外型を作り、次に少し小さい中型を作ります。外型と中型のすき間に金属を流しこみ、冷めたら取り出します。

鍛金 たたいて形を作る技法です

写真:鍛金

鍛金

木台の凹部の上で、板状の金属を木づちでたたいて曲げます。そのあと当金といういろいろな形の鉄の棒を木台にさし、だんだんと形を作ります。ひとつの作品ができあがるまでには何万回もたたきます。

彫金 模様をつける技法です

写真:彫り

彫り

金属の表面に鏨を使っていろいろな模様を表現します。V字型の刃先で線を彫る基本の毛彫り、三角形の刃先で連続する細い線を彫る蹴り彫り、金属を切る鏨の刃先をさらに鋭くして彫る削り彫り等があります。

写真:象嵌

象嵌

金属の表面に模様を彫り別の金属を嵌めこんで、それぞれの金属の色や質感のちがいによって模様を表現します。彫った線に金属を嵌める線象嵌、模様が表面からでっぱらないように嵌めた金属を平らにする平象嵌、表面より高く嵌めこんで模様に高さををつける高肉象嵌、布目に彫った部分に金属箔を嵌める布目象嵌等いろいろな技法があります。

写真:打ち出し

打ち出し

金属の板をいろいろな鏨を使って、表裏の両面から何回も打つことによって立体的な形を作ります。できあがった形はもり上がりが高いものと、ブローチや着物の帯どめ金具のような低いものがあります。

  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧

Works / 作品

作品をもっと見る

Famous local brand / 主な産地

写真:南部鉄器

南部鉄器

南部鉄器とは、岩手県盛岡市、奥州市を中心に製造販売されている鉄製品のことです。その特徴は、使い込むほどに風合いが変わっていくことです。

写真:高岡銅器

高岡銅器

高岡銅器とは、富山県高岡市で製造販売されている銅製品のことです。その特徴は、彫金による装飾にあります。さまざまなタガネを使いわけ、線、面、模様を作り出します。