写真:南部鉄器

南部鉄器(なんぶてっき)

南部鉄器(なんぶてっき)とは、岩手県盛岡市、奥州市を中心に製造販売されている鉄製品のことです。 江戸時代に盛岡藩主が京都から茶釜職人を招いたのが始まりとされており、茶釜・風鈴、鍋などの日用品が普及しました。平安時代後期の平泉文化とも深い関わりがあります。 鉄器の表面には、錆び止めとして色の付かない漆を、内側には備長炭による焼き付けが施されています。使い込むほどに風合いが変わっていくことが特徴と言えます。熱伝導の良さから、食材を柔らかくする効果もあります。 現在では、欧米諸国からの人気が高まり、カラフルな色鉄瓶なども製造されています。

VISIT / 産地訪問

産地

岩手県盛岡市、奥州市

見どころ

盛岡城跡公園 (盛岡城の旧跡を今は公園として使用。様々な木や花が四季を演出してくれます。)

えさし藤原の郷 (平安時代を再現した歴史テーマパーク。大河ドラマなどでも使用されることがあります。)

アクセス

ホテル