写真:加賀友禅

加賀友禅(かがゆうぜん)

加賀友禅(かがゆうぜん)とは、石川県金沢市を中心に製造販売されている染織品のことです。 江戸時代の中期に加賀藩にて栄えていた「お国染」を基に、京友禅を生みだした宮崎友禅斉が、晩年に加賀藩の地で友禅の技法を伝えたことから、加賀友禅として発展しました。 その特徴は、京友禅よりも深みのある落ち着いた色彩(加賀五彩)と、写実的な草花鳥を中心とした模様にあります。そのため、豪華な刺繍や金箔などは利用せず、デザインとしての「虫食い」や、「外ぼかし」などの表現が使われています。 現在では、海外で人気の“Kawaiiカルチャー”とのコラボレーションなど、先進的な取り組みもされています。

VISIT / 産地訪問

産地

石川県金沢市

見どころ

兼六園 (約11万平方メールトルの広さ。日本三名園の中でもNO1との評価もあります。)

賀友禅伝統産業会館 (加賀友禅を着て写真を撮ったり、手書き友禅体験などもできる施設です。)

アクセス

ホテル