京友禅(きょうゆうぜん)

京友禅(きょうゆうぜん)とは、京都府京都市を中心に製造販売されている染織品のことです。 染めの技法としては平安時代からありましたが、江戸時代に扇絵師として人気のあった宮崎友禅斉により、友禅染としての表現が確立されました。 その特徴は、鮮やかな色彩と絵画調の花鳥の図柄に加え古典模様などが取り入れられていることです。また、刺繍や金箔などを用い豪華に仕上げられています。 京友禅には、江戸時代からの手描きで染め上げる「手描友禅」と、 明治時代に取り入れられた型紙を用いて染色する「型友禅」 とに分けられます。

VISIT / 産地訪問

産地

京都府京都市、宇治市、亀岡市、城陽市、向日市、久世郡久御山町

見どころ

伏見稲荷大社 (身近な神社「お稲荷さん」の総本宮)

平等院鳳凰堂 (宇治にある藤原氏ゆかりのお寺。世界遺産にも登録されています。)

アクセス

ホテル