写真:西陣織

西陣織(にしじんおり)

西陣織(にしじんおり)とは、京都府京都市北西部を中心に製造販売されている先染め織物のことです。 平安時代にはすでにその技術が確立しており、江戸時代には諸大名や富裕町人らからの支持を得て、最盛期を迎えます。 その特徴は、あらかじめ完成系に必要な色に染められた生糸を用いて、縦糸で模様を浮かび上がらせる先染めの工法にあり、織りあがってから模様が染められる、後染めには出せない高級感と、奥深さを感じられます。 西陣織は、完成までに多くの工程があり、それぞれ分業化されています。その専門性が高度な技術を生み、今日では、日本の織物の中でも最高峰のブランドと言われています。

VISIT / 産地訪問

産地

京都府京都市、宇治市、亀岡市、城陽市、長岡京市ほか

見どころ

伏見稲荷大社 (身近な神社「お稲荷さん」の総本宮)

西陣織会館 (伝統工芸である西陣織の体験が出来ます。着物ファッションショーも毎日開催しています。)

アクセス

ホテル