写真:結城紬

結城紬(ゆうきつむぎ)

結城紬(ゆうきつむぎ)とは、茨城県結城市と栃木県小山市を中心に製造販売されている絹織物です。その技術は、ユネスコの無形文化遺産、国の重要無形文化財に指定されています。 結城紬は2千年以上の昔から伝承されており、地機(織り機)も千数百年もの昔から姿を変えていません。江戸時代には、男性庶民に普及しました。 その特徴は、真綿を手で紡ぐ技術を始め、すべてを手作業により完成させるところにあります。糸はたっぷりと空気を含んでおり、軽くて暖かく、体になじむ心地よさがあります。 現在では、着物の他、ショールやお財布などファッション小物への商品展開が進んでいます。

VISIT / 産地訪問

産地

茨城県結城市、下妻市、筑西市、結城郡八千代町
栃木県小山市、下野市、河内郡上三川町、芳賀郡二宮町

見どころ

小貝川ふれあい公園 (自然観察ゾーン、バーベキュー場など4つのエリアに分かれている公園です。)

砂沼広域公園 (砂沼を含み80ヘクタールもある広大な公園。350本の桜やプール菖蒲園などもあります。)

アクセス

ホテル