写真:岩谷堂箪笥

岩谷堂箪笥(いわやどうたんす)

岩谷堂箪笥(いわやどうたんす)とは、岩手県奥州市を中心に製造販売されている木製の箪笥のことです。 その始まりは奥州藤原氏の栄えた平安時代後期とされていますが、一般家庭に普及したのは明治時代になってからです。 その最大の特徴は、手彫りの金具や南部鉄器の金具にあります。龍や唐獅子、唐草模様などの意匠が施され、箪笥に重厚感と品格を与えています。年月を経ることに深まる木目の美しさも特徴と言えます。 珍しい箪笥もあり、階段として利用された階段箪笥。船の金庫となった舟箪笥。貨車がついている車箪笥などがあります。

VISIT / 産地訪問

産地

岩手県奥州市、盛岡市

見どころ

盛岡城跡公園 (盛岡城の旧跡を今は公園として使用。様々な木や花が四季を演出してくれます。)

えさし藤原の郷 (平安時代を再現した歴史テーマパーク。大河ドラマなどでも使用されることがあります。)

アクセス

ホテル