写真:三浦 信一

三浦 信一 ミウラ シンイチ

正倉院の御物に感銘を受け木工芸作品製作を始める。以後、研究を重ねた結果として和木・唐木にこだわらず、また加飾材料として金属・象牙・染角等を取り入れ、作品製作に取り組む。
作風は、伝統的な意匠を基に現代的なデザインを試みている。

Works

作品をもっと見る

Information

  • 分野
    木竹工
  • 所属
    日本工芸会正会員

Career

  • 1958年
    兵庫県 姫路市に生まれる
    幼少より絵画・書道に親しむ
    1977年頃、正倉院の御物に感銘を受け木工芸を志す

Award

  • 1983年
    日本工芸会近畿展 大阪府教育委員会賞 受賞
  • 1986年
    日本伝統工芸展 初入選 以後21回 入選
  • 1993年
    日本伝統工芸展 奨励賞 受賞 (文化庁買い上げ)
  • 2010年
    日本工芸会近畿展 松下幸之助記念賞 受賞