安達 征良 アダチ マサオ

  • 諸工芸
  • 1969 -
安達 征良

硝子絹糸紋鉢

切子技法を用いて、ガラス素材の持つ柔らかな表情を表現するためにフリーハンドでゆらぎのある細い線を彫り、絹糸のような線紋を施している。表面の上品な光沢は、内と外で異なる技法を使い、絹の「つややかさ」を感じさせる。マットな黒面は、黒硝子を幾重にも焼き重ねられ、粗削りなカット面をほどよく残す繊細な手仕事の結晶。

所属 日本工芸会正会員
  • 1969 山形県山形市生まれ
  • 1992 千葉大学 建築工学科 卒業
  • 1996 東京ガラス工芸研究所 卒業
  • 2000 ガラスの茶器と器展(東京・新宿・柿博ギャラリー)
    (~2005)
  • 2001 金沢卯辰山工芸工房 ガラス専門員(~2006)
  • 2004 金沢21世紀美術館オープニング記念品デザイン
  • 2007 第54回 日本伝統工芸展 初入選
  • 2007 安達硝子工芸社 設立 /ILE8 イレヤガラス主宰
  • 2008 塩崎ビル エントランスホール壁面制作 (東京・千代田)
  • 2015 第62回日本伝統工芸展出品作品 宮内庁お買い上げ
  • 2018 第64回日本伝統工芸展出品作品 文化庁お買い上げ

  • 2000テーブルウェアー大賞 佳作
  • 2009テーブルウェアー大賞 最優秀賞
  • 2012茶の湯の現代 -用と形- 奨励賞(菊池寛美記念智美術館)
    第59回日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞
  • 2015テーブルウェア大賞 大賞受賞
  • 2017第64回日本伝統工芸展 文部科学大臣賞