山本 夏顕 ヤマモト ナツアキ

  • 金工
  • 1943 -
山本 夏顕

金属工芸の彫金を主に作家活動をしています。特に平象嵌、髙彫象嵌のプロです。
第61回、第62回伊勢神宮の太刀の彫金を担当して完納できました。少々鍛金(鎚起)、小さい作品の鋳金もやっています。

所属 日本工芸会正会員
  • 1958 父、顕保より彫金を習う(私で5代目)
  • 1962 京都市立堀川高等学校卒業
  • 1972 京都市鍛金研習コース卒業
  • 1980 日本工芸会近畿支部展「初入選」以後26数回入選
  • 1982 日本工芸会日本金工展「初入選」以後23数回入選
  • 1989 日本工芸会第36回展日本伝統工芸展「初入選」
  • 1990 日本工芸会第37回展日本伝統工芸展入選
  • 1993 日本工芸会第40回展日本伝統工芸展入選
  • 1993 第61回伊勢神宮御遷宮太刀金具、火桶彫金担当完納
  • 1997 日本工芸会第44回展日本伝統工芸展入選「正会員」
  • 2001 日本工芸会第48回展日本伝統工芸展入選
  • 2006 京都花見小路「小西」にて個展開催
  • 2007 日本工芸会第37回近畿支部展審査
  • 2008 「京の名工」京都府伝統産業優秀技術表彰
    日本工芸会第38回近畿支部展入選、監審査委員
  • 2013 日本工芸会第42回日本伝統金工展「22回入選」
    第62回伊勢神宮御遷宮太刀金具、火桶彫金担当完納
  • 2014 日本工芸会第61回日本伝統工芸展「9回入選」
    日本工芸会第42回近畿支部展入選「26回入選」
    「松下幸之助記念賞」審査員4回目
    近畿支部展審査
    2015:第61回伝統工芸展 入選

  • 1975京都府伝統技術コンクール「優秀」「佳作」計三回受賞
  • 1977京都府伝統技術コンクール「優秀」「佳作」計三回受賞
  • 2011日本工芸会第37回日本金工展「日本工芸会賞」受賞
  • 2013「松下幸之助記念賞」受賞