人間国宝 中川 清司 ナカガワ キヨツグ

  • 木竹工
  • 1942 -
中川 清司

木工技法で木を正確に寄せ合わせる柾合わせの技法で、特に土中に埋れた材料を使用して幾何学文様の作品が特色です。土中に埋もれた材料は2600年間という神代杉で、独自の風合いと色合いを呈して材料を生かす作品です。

所属 日本工芸会正会員
ステータス 人間国宝(重要無形文化財「木工芸 」の保持者)
  • 1961 父、亀一氏に師事
  • 1972 日本伝統工芸展初入選 以後毎回出品
  • 1974 竹内碧外先生に師事
  • 1978 京都工芸美術選抜展
    神代杉柾合わせ中次茶人 京都府買上
  • 1983 神代杉木画色紙箱 文化庁買上
  • 1984 日本伝統工芸展 鑑査委員 以後経歴
  • 1984 日本橋三越 個展
  • 1989 神代杉木画飾箱
    英国ビクトリア&アルバート美術館買上
  • 1993 松坂屋本店(名古屋)個展
  • 1994 銀座和光ホール 個展
  • 1999 神代杉木画手箱 宮内庁買上
  • 2001 重要無形文化財保持者認定
  • 2002 神代杉木画箱 京都国立近代美術館買上
  • 2003 紫綬褒章受章
  • 2005 京都迎賓館調度 木画制作
  • 2008 NHK・TV「弥生の謎に挑む」木器復元
  • 2008 京都市文化功労者
  • 2009 文化庁・記録映画制作
  • 2009 神代杉木画箱 文化庁買上

  • 1973日本工芸会近畿支部展 日本工芸会賞受賞
  • 1974日本工芸会近畿支部展 日本工芸会賞受賞
  • 1975日本伝統工芸展 東京都教育委員会賞受賞
  • 1978京都工芸美術展 優秀賞受賞
  • 1983日本工芸会 近畿支部展 日本経済新聞社賞受賞
    日本伝統工芸展 日本工芸会会長賞受賞
  • 1988伝統工芸 木竹展 朝日新聞社賞受賞
  • 2003京都府文化賞功労賞受賞