松本 達弥 マツモト タツヤ

  • 漆芸
  • 1961 -
松本 達弥

漆芸のなかの、主に彫漆技法を中心に制作。彫漆は手間と時間のかかる技法であり、塗りと研ぎを繰り返して漆を数十回塗り重ねる。漆彫り用に仕立てた彫刻刀で塗り重ねた漆層を彫り出して文様を表現する。  デザインは、草花文様などの写実表現、幾何学文様の抽象表現、犀皮文様の屈輪表現など、数々の作品を制作する。

所属 日本工芸会正会員
  • 1961 香川県善通寺市に生まれる
  • 1985 香川県漆芸研究所、研究生、研究員修了
  • 1986 人間国宝、音丸耕堂氏、音丸淳氏に師事
  • 1991 「第31回伝統工芸新作展」三越賞、宮内庁買上
  • 1992 「第32回伝統工芸新作展」宮内庁買上
  • 1994 「現代の彫漆展」(東京国立近代美術館 工芸館)
  • 1997 「松本達弥 彫漆展」(日本橋三越本店)
  • 2000 「日蘭交流400周年記念日本現代漆芸展」(アムステルダム)
    文化庁主催 指定文化財(美術工芸品)修理技術者講習会修了
  • 2001 「音丸耕堂一門展」(日本橋三越本店)
  • 2005 「第23回朝日現代クラフト展」招待出品
  • 2006 在外漆工品修復海外専門家派遣事業(東京文化財研究所)に於いて、ドイツ・ケルンに派遣(06年~10年)
  • 2010 「漆芸装飾に見る三人の表現」(銀座和光並木ホール)
    日本工芸会東日本支部50周年記念「21世紀の伝統工芸」
    朝日新聞社賞(MOA美術館)
  • 2013 第62回伊勢神宮式年遷宮 御神宝制作「平文の毛彫り」の奉仕
  • 現在
    日本工芸会正会員
    漆芸文化財修復に従事
    千葉県松戸市在住

  • 1993「第33回、36回伝統工芸新作展」日本工芸会賞
  • 2002「第19回日本伝統漆芸展」朝日新聞社賞
  • 2003「第50回日本伝統工芸展」第50回展記念賞
  • 2006「第22回日本伝統漆芸展」日本工芸会賞