写真:中田 一於

中田 一於 ナカダ カズオ

「釉裏銀彩(ユウリギンサイ)」 磁器の生地に、銀箔を様々な文様に切って貼り付け焼成を繰り返し、
最後に釉薬を施して焼成する。
下に貼り付けた銀箔の文様が釉薬を透かして見え、独特の発色をする仕事のやきものである。

Works

作品をもっと見る

Information

  • 分野
    陶芸
  • 所属
    日本工芸会正会員
    石川県指定無形文化財技術保存会会員
    (公社)日本工芸会理事、石川支部幹事長
    陶美会常任幹事
    師 三代 徳田八十吉

Career

  • 1949年
    石川県小松市に生まれる。
  • 1991年
    日本伝統工芸展鑑査委員、以後、五回。
  • 1993年
    「釉裏銀彩壷」ワシントン・スミソニアン機構サックラー美術館の永久保存作品に選ばれる。
  • 1996年
    「釉裏銀彩壷」ワシントン・スミソニアン機構サックラー美術館の永久保存作品に選ばれる。
  • 1999年
    日本橋三越本店に於いて個展(以後三回)。
  • 2000年
    NHKやきもの探訪「銀華が舞う青の世界」放映。
  • 2002年
    石川県指定無形文化財、九谷焼技術保存会会員に認定。
  • 2008年
    日本工芸会理事就任。

Award

  • 1982年
    日本伝統工芸展、日本工芸会奨励賞受賞。
  • 1990年
    日本伝統工芸展、日本工芸会奨励賞受賞。
  • 2001年
    伝統九谷焼陶芸展大賞受賞。県立美術館買上げ。
  • 2010年
    日本伝統工芸展、日本工芸会保持者賞受賞。北國文化賞受賞。
  • 2011年
    紫綬褒章受賞、石川テレビ賞受賞。
  • 2012年
    小松市文化賞受賞。