石原 祥嗣 イシハラ ショウジ

  • 陶芸
  • 1943 -
石原 祥嗣

色絵陶瓷という表現方法を特徴としています。色絵陶瓷とは陶土で成形し、釉薬を施さずに本焼焼成した後、上絵具や金銀彩で文様を描き焼成するという事を何度も繰り返し仕上げる技法です。

所属 日本工芸会正会員
福岡県陶芸作家協会
  • 1943 福岡県直方生まれ
  • 1968 金沢美術工芸大学彫刻家卒
  • 1981 直方市上頓野に築窯
  • 1984 日本工芸会 正会員になる
  • 1990 滋賀県陶芸の森解説記念展
    「土の発見」招待出品
  • 1995 九州陶芸7人の会(福岡・東京)(1997)
  • 1999 宮田町上有木に移転
  • 2000 伊勢神宮下宮神楽殿に作品を奉納
  • 2003 九州・京都8人の会(福岡)
  • 2009 九州国立博物館特別展出品
  • 2012 MOA岡田茂喜賞 推選出品

  • 1982西日本陶芸展 奨励賞
  • 1983西部工芸展 支部長賞
  • 1983日本伝統工芸展 奨励賞
  • 1994西部工芸展 正会員賞
  • 2003西部工芸展 OAB大分朝日放送賞
  • 2004西部工芸展 NCC長崎文化放送賞
    西日本陶芸展 文部科学大臣賞
  • 2005西部工芸展 日本工芸会賞
  • 2005西日本陶芸展 経済産業大臣賞
  • 2005西日本陶芸展 西日本リビング新聞社賞
  • 2005新作陶芸展 日本工芸会賞
  • 2009九州山口陶磁展第1位 文部科学大臣賞
  • 2014西日本陶芸展長崎県知賞