写真:竹中 浩

竹中 浩 タケナカ コウ

白磁による面取りやシノギを削り出す、文房具制作も。

Works

Information

  • 分野
    陶芸
  • 所属
    日本工芸会正会員
    京都工芸美術作家協会

Career

  • 1941年
    福井県生まれ。
  • 1961年
    陶芸家・近藤悠三に師事。
  • 1970年
    山科に築窯
  • 1983年
    ワシントン、ロンドンに於ける“ジャパニーズ・セラミック・トゥデイ展”に出品
  • 1986年
    九州陶磁文化館“白磁の美”展に出品
  • 1995年
    ヴィクトリア&アルバート美術館“ジャパニーズ・スタジオクラフト展”に出品
  • 1996年
    京都府無形文化財に指定される
    東京国立近代美術館“磁器の表現展”に出品
  • 1997年
    山形県天童市・出羽桜美術館にて“竹中浩展”開催
  • 2001年
    裏千家茶道資料館・竹中浩・やきものの美展開催
    福井・小浜市にて“竹中浩・ふるさとからの視点展”開催
  • 2003年
    茨城県陶芸美術館・“白磁・青磁の世界”展に出品
    滋賀県陶芸の森・招待作家として制作
  • 2004年
    陶芸の森・美術館にて個展
  • 2005年
    ボストン美術館・コンテンポラリイ・クレイ展に出品
  • 2006年
    壷中居にて個展、髙島屋大阪店にて個展
  • 2008年
    壷中居にて個展
  • 2009年
    壷中居にて個展
  • 2010年
    髙島屋京都店にて個展
  • 《パブリック・コレクション》
    ヴィクトリア&アルバート美術館、大英博物館、ボストン美術館、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、京都府、裏千家、出羽桜美術館、国際交流基金、滋賀県陶芸の森、菊池寛実記念 智美術館、メトロポリタン美術館

    《個展》
    1973~2014年
    壷中居、黒田陶苑、セントラル美術館、髙島屋、大丸、S・ミッシェル・アジアン・ファインアート

Award

  • 1981年
    日本陶磁協会賞受賞
  • 2006年
    京都府文化賞功労賞を受ける