萩原 いづみ ハギワラ イズミ

  • 染織
  • 1947 -
萩原 いづみ

糸目糊は真糊にこだわり、糯糊糸目友禅の技法一本で制作を続けている。制作は一貫作業をモットーとし、下絵付、糊置き、色差し、蒸し、地染め、水元迄、総て一人で行っている。自然をテーマに、できるだけ図案化したモチーフや構図で表現するよう心掛けている。

所属 日本工芸会正会員
  • 1947 誕生
    短大卒 保育園勤務
  • 1979 友禅の道へ入る
    師 父 山田貢(友禅の国指定重要無形文化財保持者)
  • 1982 日本伝統工芸展 初入選
  • 1987 社団法人 日本工芸会 正会員認定
  • 1990 人間国宝作家師弟展(上野 松坂屋)
  • 1991 日本きもの染織工芸展(新人染織展)ドイツ展(ドイツ ハイデルベルグ市)
  • 1993 多摩・女性美術101くにたち展(東京都国立市主催)
  • 1994 国庫補助による重要無形文化財「友禅」伝承者育成研修会
    【講師 山田貢】助手として参加(1994~1995の2年間)
  • 1997 伝統工芸新作展 鑑査委員
  • 2000 日本伝統工芸 染織展 鑑査委員
  • 2003 人間国宝 山田貢展に師弟展として出品(シルク博物館)
  • 2005 工芸の華「友禅の美」展 (長崎県 北野カルチュラルセンター)
  • 2007 展開する友禅 五人展(東京銀座 和光)
  • 2009 日本伝統工芸東日本支部展 鑑査委員
    第56回 日本伝統工芸展 鑑査委員
  • 2013 「-美しい日本の絹一友禅」(シルク博物館)
    神宮美術館開館20周年記念特別展「日本の原風景」(神宮美術館)
  • 2014 神宮美術館企画展「美の創造者たち」(式年遷宮記念、神宮美術館)
  • 現在 公益社団法人、日本工芸会正会員

  • 1979第4回 新人染織展(京都開催) 大賞 受賞
  • 1987第34回 日本伝統工芸展 奨励賞 受賞
  • 1995第42回 日本伝統工芸展 奨励賞 受賞