写真:鈴木 藏

鈴木 藏 スズキ オサム

制作する作品は志野が多いが、狙いは創作でありたいことです。
それには思考のあり方、今迄になかった制作方法、表現の方法を私なりに試みつつ歩んで来ました。
陶芸を始めて50年になりますが一貫したことです。これからも、この姿勢は変わらないことですが志野以外のことも多く試みたいと思っています。

Works

Information

  • 分野
    陶芸
  • 所属
    日本工芸会正会員
  • ステータス
    人間国宝(重要無形文化財「志野」の保持者)

Career

  • 1934年
    土岐市駄知町にて生れる
  • 1959年
    第8回現代日本陶芸展(朝日新聞社主催)初出品(佳作)
    第6回日本伝統工芸展 入選
  • 1964年
    「現代国際陶芸展」招待出品 東近美
  • 1967年
    初個展「第1回 鈴木藏陶芸展」日本橋高島屋
  • 1968年
    「現代陶芸の新世代展」招待出品 京近美・東近美
  • 1983年
    Japanese Ceramics Today―Masterworks from the Kikuchi!
    アメリカ・スミリニアン・イギリス・ヴィクトリア・アンド・アルバートに出品
  • 1985年
    個展「流旅転生」会席用食器を一式・展示「菊池ゲスト・ハウス虎ノ門)
  • 1998年
    朝日新聞社主催「鈴木藏展」を三越、パリ・エトワール美術館で開催
  • 1999年
    帰国展を日本橋三越、名古屋三越にて開催(各催事場)朝日新聞社主催
  • 2001年
    日本経済新聞社主催「志埜 人間国宝 鈴木蔵展」を髙島屋で開催 日本橋、大阪なんば、京都四条、横浜の各店の催事場
    名古屋会場は松坂屋美術館で日本経済新聞社、中日新聞社、テレビ愛知、共催
  • 2010年
    「流旅転生 鈴木蔵の志野展」菊池寛実記念 智美術館

Award

  • 1959年
    第8回現代日本陶芸展(朝日新聞社主催)初出品(佳作)
  • 1961年
    第8回日本伝統工芸展 NHK会長賞
  • 1962年
    プラハ国際陶芸展 グランプリ
  • 1967年
    第14回日本伝統工芸展 日本工芸会会長賞
  • 1968年
    日本陶磁協会賞
  • 1982年
    日本陶磁協会賞・金賞
  • 1987年
    芸術選奨文部大臣賞
  • 1994年
    重要無形文化財「志野」保持者
  • 1995年
    紫綬褒章
  • 2006年
    旭日中綬
    第1回智美術館大賞 現代の茶陶展 大賞
  • 2010年
    第3回智美術館大賞 現代の茶陶展 優秀賞