雨宮 彌太郎 アメミヤ ヤタロウ

  • 諸工芸
  • 1961 -
雨宮 彌太郎

硯は単に墨をするための道具ではなく、墨をすりながら心を鎮め、自分と向き合うためのものである。
硯を「精神の器」ととらえ、そこに現代の表現としての可能性を感じている。
素材を生かしたシンプルな「かたち」の中に、現代彫刻としても成立しうる造形を追求している。

所属 日本工芸会正会員
山梨美術協会
  • 1961 山梨県生まれ
  • 1985 東京藝術大学彫刻科卒業
  • 1989 東京藝術大学大学院修了(彫刻・美術教育)
  • 1990 第37回日本伝統工芸展初出品初入選 以後日本伝統工芸展に出品を始める
  • 1994 日本工芸会正会員認定
  • 2005 日本橋三越にて個展
  • 2008 日本橋三越にて個展  
  • 2010 21世紀の伝統工芸-世界の眼-展 MOA美術館
  • 2011 日本橋三越本店にて個展
  • 2013 Exhibition[Contemporary KOGEI Styles in Japan]

  • 1996第12回日本伝統工芸七部会展 朝日新聞社賞 受賞
  • 1997第13回日本伝統工芸七部会展 東京都教育委員会賞 受賞
  • 2004第44回第12回日本伝統工芸新作展 東日本支部賞 受賞
  • 2006第53回日本伝統工芸展 新人賞 受賞
  • 2007第27回伝統文化ポーラ賞奨励賞 受賞
  • 2009第49回東日本伝統工芸展 朝日新聞社賞 受賞
    第22回日本伝統工芸諸工芸部会展 工芸会賞 受賞
  • 2012第52回東日本伝統工芸展 日本工芸会賞 受賞