写真:伊勢﨑 淳

伊勢﨑 淳 イセザキ ジュン

Works

Information

  • 分野
    陶芸
  • 所属
    日本工芸会正会員
    陶美会
  • ステータス
    人間国宝(重要無形文化財「備前焼」の保持者)

Career

  • 1936年
    岡山県備前市伊部2207に陶芸家伊勢崎陽山の次男として
    生まれる
  • 1959年
    岡山大学教育学部特設美術科を卒業と同時に、父・陽山
    について兄・満と共に作陶生活に入る
  • 1960年
    9月より翌年3月まで備前高校教師を勤める
  • 1961年
    2月、父死去 5月、兄と共に半地上式穴窯を築窯、初窯
    をだす
    東京、名古屋、大阪にて二人展開催
    「第8回日本伝統工芸展」に出品
  • 1966年
    日本工芸会正会員になる
  • 1971年
    ヨーロッパに巡遊する
  • 1975年
    毎日新聞社主催「備前一千年展」に出品
  • 1976年
    五島美術館・東京新聞社主催
    「日本のやきもの備前・萩展」に出品
  • 1978年
    岡山大学教育学部特設美術科の講師となる
    (S62年まで)
  • 1979年
    アメリカに巡遊する
  • 1981年
    中華民国・国立歴史博物館の「現代日本陶芸展」に招待出品
  • 1982年
    インドに旅行
    香港市政局香港芸術館の「現代日本陶芸展」に招待出品
  • 1983年
    毎日新聞社主催「第1回全日本伝統工芸選抜展」に
    招待出品
  • 1985年
    清心学園百周年記念館に陶壁を製作
  • 1986年
    「八木一夫現代陶芸展」に出品
  • 1989年
    神戸商科大学玄関ホールに陶壁を製作
  • 1992年
    岡山市山陽病院藤崎苑に陶壁を製作
  • 1997年
    「備前焼一千年の伝統美展」に出品
    (フランス国立陶磁器美術館)
  • 1998年
    日本工芸会理事になる
    日本工芸会中国支部幹事長になる
    岡山県重要無形文化財に認定される
  • 2002年
    新総理官邸の陶壁を製作
  • 2003年
    「わざの美展」に出品(日本伝統工芸展50周年記念展)
  • 2004年
    茨城県立陶芸美術館「備前焼の魅力展」に出品
    重要無形文化財に認定される
  • 2005年
    「備前 土と炎の輝 伊勢崎 淳」出版 山陽新聞社
  • 2006年
    「日本陶芸100年の精華展」に出品 茨城陶芸美術館
    「人間国宝展」出品 NHK各地巡回
    アメリカボストンにて一門展
    後援 ボストン美術館 ハーバード大学 ジャパンソサエティ
    山陽新聞社新社屋玄関ホールに陶壁を製作
  • 2007年
    イギリス大英博物館「わざの美 伝統工芸の50年展」に出品
  • 2008年
    ドイツ ハイデルベルグとフランクフルト工芸美術館にて
    個展
    日本工芸会常任理事になる
  • 2011年
    ドイツ ハイデルベルグにて個展
  • 2012年
    「大地の聲を聴く」日本橋三越にて個展
  • 2013年
    イギリス ロンドンにて人間国宝4人展

Award

  • 1981年
    金重陶陽賞を受賞
  • 1987年
    田部美術館「茶の湯の造形展」にて優秀賞受賞
  • 1993年
    岡山県文化奨励賞を受賞
  • 1996年
    山陽新聞賞(文化功労)を受賞
  • 2004年
    岡山県三木記念賞を受賞
  • 2005年
    岡山県文化賞を受賞