笠松 博久 カサマツ ヒロヒサ

  • 陶芸
  • 1953 -
笠松 博久

嘯裂。
轆轤を使用して、器面を内側から押し出すことにより、予め乾燥させておいた表面の土に裂け目を生じさせ、独特のテクスチャーを得る技法です。

所属 日本工芸研究会員
  • 1971 石川県立工業高等学校デザイン科 卒業
  • 1975 大阪芸術大学芸術学部文芸学科 卒業
  • 2010 株式会社 昭文社 退社
    「北陶」飯田雪峰氏に師事
  • 2012 68回金沢市工芸展 初入選(嘯裂文壺)
    53回石川の伝統工芸展 初入選(嘯裂文壺)
    18回金沢城・兼六大茶会 初入選(嘯裂水指)
    日本工芸会・石川支部 入会
  • 2013 69回金沢市工芸展、2…入選(嘯裂文壺、(嘯裂文抹茶碗)
    54回石川の伝統工芸展 入選(嘯裂文壺)
    「親子展」金沢クラフト広坂にて開催(期間9月20日~29日)
    世界工芸コンペティション・金沢2013、2点入選(嘯裂文水指・嘯裂文抹茶茶碗)
  • 2014 70回金沢市工芸展、入選(嘯裂文水指)