石原 雅員 イシハラ マサカズ

  • 漆芸
  • 1960 -
石原 雅員

私の仕事は、日本の伝統技術の一つである、漆工芸品の制作です。

漆が生活の中に使われだした6000年前から現代に至る長い間、その技術は工芸美術として確立されるまで発展してきました。そしてこれからの未来、今までにない、新しく、斬新な漆工芸は出来ないかと考えています。

私は伝統工芸の高い技術を使いながら、現代生活の中で機能する作品造りを目指しています。

所属 日本工芸会正会員
  • 1960 香川県高松市に生まれる
  • 1979 香川県漆芸研究所修了
    人間国宝音丸耕堂氏に師事
  • 1982 第29回日本伝統工芸展初入選
    現在 香川県漆芸研究所工芸指導員 日本工芸会正会員

  • 1991平成 3年 香川県美術展覧会高松市教育委員会賞受賞 
  • 2003第20回日本伝統漆芸展日本工芸会賞受賞
    香川県美術展覧会高松市教育委員会賞受賞
  • 2004第51回日本伝統工芸展にて日本工芸会奨励賞受賞
  • 2005高松市文化奨励賞受賞
  • 2006香川県美術展覧会知事賞受賞
  • 2007第50回日本工芸会四国支部展にて50周年記念特別賞を受賞
  • 2009第27回日本伝統漆芸展にて文化庁長官賞を受賞
  • 2010第1回香川県伝統工芸松平公益会賞受賞
  • 2011香川県無形文化財彫漆技術指定
  • 2012第55回伝統工芸四国展にて特別賞受賞
  • 2015第80回香川県美術展覧会にて丸亀市教育委員会賞受賞
  • 2015第33回日本伝統漆芸展にて朝日新聞社賞受賞