佐伯 守美 サエキ モリヨシ

  • 陶芸
  • 1949 -
佐伯 守美

象嵌・釉彩による主に樹木をモチーフとした作品。その他白掻落し、赤絵、鉄絵等による食器等。又、陶壁等の制作もしています。

所属 日本工芸会正会員
日本陶芸美術協会 常任幹事
  • 1949 8月4日、父、彫刻家佐伯留守夫、母、八重子の長男として
    宇都宮に生まれる
  • 1965 宇都宮大学付属中学校卒業
  • 1968 栃木県立宇都宮東高等学校卒業
  • 1971 武蔵野美術大学商業デザイン科中退、東京芸術大学工芸科入
  • 1975 第15回伝統工芸新作展「焼〆象嵌線文壺」初入選
  • 1976 国際陶芸展「象嵌焼〆広口壺」
    第23回日本伝統工芸展「象嵌線文壺」初入選
  • 1977 株式会社塙陶苑入社
  • 1980 日本工芸会正会員となる
  • 1981 塙陶苑退社、栃木県芳賀町給部に独立築窯
  • 1983 「今日の日本陶芸」(ワシントン・スミソニアン博物館、
    ロンドン、ビクトリア・アルバート美術館)出品
  • 1987 東京芸術大学非常勤講師となる(~2001年)
  • 1994 栃木県芸術祭工芸部門審査委員
  • 1995 第35回伝統工芸新作展審査委員
  • 1996 第36回伝統工芸新作展審査委員
    栃木県芸術祭工芸部門審査委員
  • 1997 栃木県芸術祭工芸部門審査委員
  • 1998 第38回伝統工芸新作展審査委員
  • 2001 文星芸術大学非常勤講師となる
  • 2005 第45回伝統工芸新作展審査委員
  • 2006 第46回伝統工芸新作展審査委員
  • 2009 伝統工芸東日本支部展審査委員
    国際交流基金の招待にて中国揚州市における、
    第5回日中韓文化交流フォーラムに参加
  • 2010 日中韓芸術家交流事業に参加
  • 2011 第51回伝統工芸東日本支部展審査委員
  • 2013 現代工芸アートフェアに参加
    高輪会にて個展
  • 入選展覧会
    日本伝統工芸展 23~25,27,30,32,33,35~49,51~60回展
    伝統工芸新作展 15~20,22~26,28~52回展
    日本陶芸展   9,11~15,17~21回展
    国際陶芸展、北関東美術展、栃木県芸術祭、中日国際陶芸展
  • 個展
    日本橋高島屋、寛土里、黒田陶苑、現代工芸藤野屋、壺中居、赤坂游ギャラリー、ぎゃらりぃぜん、岡山高島屋、銀座和光ホール、大阪心斎橋大丸、高崎高島屋、横浜高島屋、名古屋ジェイアール高島屋、大阪難波高島屋、福岡三越、日本橋三越、つかもと作家館、ヤマニ大塚、高輪会、他
    陶壁制作
    セントラルホテル(1979)、林予備校「林」(1980)
    宇都宮中央女子高等学校「和」(1985)
    宇都宮東高等学校「正、剛、寛」(1987)、
    西那須野町舎「松、風、那須疎水」(1989)
    れすとらん欅「けやき」(1990)、
    宇都宮市立泉ヶ丘中学校「そびえ」(1991)
    萱島動物病院「はやし」(1991)
    芳賀町町民会館ホワイエ「ケヤキ」(1991)
    芳賀北小学校(2001)、三本木デイケアセンター(2004)、
    和田工業(2004)

    所蔵
    東京芸術大学、滋賀県立陶芸の森、佐野市立吉澤美術館、
    九州産業大学美術館、宮内庁、WORCESTER ART MUSEUM

  • 1974栃木県芸術祭工芸部門「伊羅保線文壺」奨励賞受賞
  • 1975東京芸術大学工芸科陶芸専攻卒業 卒業制作「象嵌壺」13点、
    サロン・ド・プランタン賞受賞
  • 1977東京芸術大学大学院陶芸専攻修了「掻落し芙蓉文大皿」
    芸大資料館買い上げ
  • 1978栃木県芸術祭工芸部門「象嵌壺」芸術祭賞受賞
  • 1988第28回伝統工芸新作展「白掻落し山帰来文鉢」奨励賞受賞
  • 1988国際陶芸展「練上象嵌樹木文壺」優秀賞受賞
  • 1989栃木県文化奨励賞受賞
  • 1990マロニエ文化賞受賞
  • 1991第31回伝統工芸新作展「練込象嵌樹林文扁壺」
    東京都教育委員会賞受賞
  • 2002第42回伝統工芸新作展審査委員
    「象嵌釉彩樹林文扁壺」宮内庁買上げ
  • 2002第4回益子陶芸展審査委員特別賞受賞
  • 2004大滝村北海道陶芸展金賞受賞
  • 2005第67回一水会陶芸展佳作賞受賞
  • 2006第68回一水会陶芸展「白掻落し薊文鉢」西部賞受賞
  • 2007第35回新作陶芸展「象嵌泥彩樹林文壺」日本工芸会賞受賞