勝田 文博 カツタ フミヒロ

  • 陶芸
  • 1951 -
勝田 文博

和紙を草花の様々な葉の形 に切り、下書きした図案に沿 って和紙を置き、その上から ダミ筆を用いて絵の具をしみ 込ませていく技法です。 その後、和紙は取り除き筆 で線描きをします。絵の具に は地元で採取した鉄絵の具を 自ら精製して使用しています。

所属 日本工芸会正会員
佐賀県陶芸協会理事
工房名 日の隈窯
  • 1971 愛知県立窯業専修校卒業
  • 1974 小山路窯にて江口勝美先生(佐賀県無形文化財)に師事
  • 1976 九州青年の船にて中国研修
    山口流水先生に書を学ぶ
  • 1980 佐賀県神埼市に日の隈窯を開窯
    美術評論家 永竹威先生に指導を受ける
  • 1983 佐賀女子短期大学の非常勤講師(~1993)
  • 1984 日本工芸会正会員となる
  • 1985 九州造形短期大学公開講座講師(~1988)
  • 1995 13代今泉今右衛門先生(人間国宝)より絵付けを学ぶ(~1996)
  • 2000 大英博物館で佐賀陶芸展出品・英国研修
  • 2006 佐賀清和高校教育振興会 会長・副会長在職(~2008)
  • 2009 九州国立博物館で「工芸の今伝統と創造」展出品
  • 2010 尾崎焼を正式に継承して復興に取組む
    神埼市西郷小の非常勤講師として尾崎焼を伝承する
  • 2012 第59回日本伝統工芸展入選作宮内庁買い上げ

  • 日本伝統工芸展17回入選
    西部工芸展・佐賀県美術展・美協展で多数受賞

日の隈窯

住所 佐賀県神埼市神埼町尾崎4555-1 Map
電話 0952-53-3018
メール hinokuma-katsuta@almond.ocn.ne.jp