勝城 蒼鳳 カツシロ ソウホウ

近年は、主に「編み」の技法を駆使して、花かごや盛りかごの制作を多く行う。同じ作品の注文は受けず、1つの作品の制作に半年から1年をかける。一貫して栃木県北地域に作品のモチーフを求め、材料も地元の竹を使用。

Works

Information

  • 分野
    木竹工
  • 所属
    日本工芸会正会員
  • ステータス
    人間国宝(重要無形文化財「竹工芸」の保持者)

Career

  • 1934年
    栃木県那須郡高林村(現、那須塩原市箕輪)に父室井辰蔵、
    母ハナの8人兄弟の末子として生まれる。本名一二(いちじ)
  • 1949年
    中学卒業後、父の勧めで竹細工師・菊地義伊氏に入門、
    約6年間竹細工技術を習得する
  • 1955年
    籠職人として独立自営
  • 1959年
    勝城ハルエと結婚し、勝城姓となる。
  • 1956年
    竹工芸家・八木澤啓造氏の工房に入り、約2年間師事する
  • 1967年
    第7回伝統工芸新作展に「媒竹網代籠花生」を初出品し、
    入選する。これ以後、伝統工芸新作展に毎回出品
  • 1986年
    竹細工から竹工芸の道に転向
    八木澤啓造氏より蒼鳳の号を許される。
    栃木県の竹工芸指導員である。
    竹工芸家・斎藤文石氏に5年間指導を受ける。
    第15回日本伝統工芸展で「盛籃」が入選し、以後、
    日本伝統工芸展に毎回出品
  • 1972年
    日本工芸会正会員に認定される
  • 1984年
    「伝統工芸の歩み」展(日本伝統工芸展創設30周年記念)に
    「波千鳥編成籃『渓流』」が招待出品
  • 1985年
    東京国立近代美術館主催「竹の工芸-近代における展開-」にて
    「波千鳥編盛花籃『渓流』」が招待出品、その後、同館の収蔵品となる
  • 1989年
    黒磯市高林公民館にて個展が開催される。
    勝城蒼鳳後援会が発足
  • 1989年
    飯塚小玗齋氏による重要無形文化財(竹工芸)
    伝承者養成研修会の助手を務める
  • 1995年
    那須野が原ハーモニーホール第2ギャラリーにて個展開催。
    第10回国民文化祭とちぎ95(竹芸部門)審査員を務める
  • 1998年
    紫綬褒章受章
  • 2003年
    竹の造形-ロイド・コッツェン・コレクション展-に
    「千筋捻之花籃『暁雲』」及び「透網代花籃『洸』」を出品
  • 2005年
    重要無形文化財「竹工芸」保持者(人間国宝)の認定を受ける
    日本工芸会参与に委嘱される
    大田原市名誉市民に推挙される
    栃木県文化功労者として表彰される
  • 2006年
    制度制定50周年記念人間国宝展に「千筋曲線文盛籃『谺』」
    及び「千筋捻摺漆花籃『漣』」を出品
    第53回日本伝統工芸展に「篶竹摺漆盛籃『蛍の里』」出品。
    審査委員を務める
    那須野が原博物館主催「竹の創造-近代竹工芸の系譜と那須-」に7点出品。
    財団法人那須野が原文化振興財団主催「人間国宝勝城蒼鳳作品展」開催
  • 2012年
    第5回おおたわら美術館SecondNature-勝城蒼鳳の表現展-
    主催:大田原市
  • 2012年
    JAPAN NEXT EXHIBTION of Fine Arts 千筋曲線文盛籃『谺』招待出品
    主催:内閣官房知的財産推進事務局(パリ・ニューヨーク)
  • 2013年
    竹工芸~勝城蒼鳳のわざ~
    企画:文化庁 制作:毎日映画社

Award

  • 1983年
    第30回日本伝統工芸展東京都知事賞 優秀賞
  • 1966年
    栃木県芸術祭で「花籃」が芸術祭賞受賞
  • 1971年
    第11回伝統工芸新作展「花籃『つくし』」が日本工芸会賞受賞
  • 1983年
    第30回日本伝統工芸展で「波千鳥編盛籃『渓流』」が
    東京都知事賞受賞
  • 1997年
    第44回日本伝統工芸展で「柾割千筋流線文盛籃『セセラギ』がNHK会長賞受賞