古堅 幸雄 フルカタ ユキオ

  • 陶芸
  • 1943 -
古堅 幸雄

磁器土を使いしのぎ、透し彫り、彫り、象嵌、染付などの技法を使い、日々仕事に励んでいる。特にシンプルな造形を好み、白磁、青白磁を施釉している。

所属 日本工芸会正会員
  • 1943 大阪に生まれる
  • 1963 京都市立美術大学・工芸科・陶磁器専攻に入学
    三回生の時自転車で約6ケ月間京都より東日本・北海道を旅行する
    この間各地の工芸製作地を見学 実習する
  • 1967 卒業の後、近藤悠三先生(人間国宝・京都)の内弟子として、十年間師事す
  • 1969 日本伝統工芸展(文化庁・日本工芸会主催)初入選
    以来入選を重ねる
  • 1974 日本工芸会正会員となる
  • 1977 独立して岡山県笠岡市に窯を築く
    「近藤悠三とその一門展」に出品す
    京都・大阪・新潟・東京で開催
  • 1987 「作陶20年のあゆみ展」を笠岡市民会館にて開催す
    (後援 笠岡市・教育委員会・文化連盟)
  • 1996 岡山県笠岡市拓海町に工房を移す
  • 1999 ワコーミュージアム(笠岡市)の「近藤悠三展」に出品展示
  • 2003 第17回「日本陶芸展」入選
    第4回「出石磁気トリエンナーレ」入選
  • 2004 高島屋(岡山)にて個展
  • 2007 「神戸ビエンナーレ2007展」入選
  • 2010 第25回「国民文化祭おかやま2010」入選
  • 2012 笠岡市茂平に工房を移す
    「日本伝統工芸中国支部展」入選多数
    日本伝統工芸中国支部展・審査委員(昭和52年・57年)

  • 2003「金沢ONE2003作品展」最優秀賞受賞
    田部美術館「茶の湯造形展」奨励賞受賞
  • 2004第5回「ワコー文化賞」受賞