写真:奥窪 聖美

奥窪 聖美 オククボ キヨミ

ウルシの幹を傷だらけにして得るせっかくの漆液だから、その硬化後の強靱さや深味のある艶など、漆の特性を存分に活かして制作したいと思っている。精緻な石膏型に麻布を貼り重ねて離型するきっぱりした素地制作もするが、縄や氈に漆を染込ませて手捻り整形するものの、後は漆の硬化力に任せて形を暴れさせた作品もつくる。加飾では、大名調度の角赤手箱にヒントを得て、赤い布目が蒔絵や螺鈿と同等の文様として現われる様にと工夫を重ねている。

Works

作品をもっと見る

Information

  • 分野
    漆芸
  • 所属
    日本工芸会正会員

Career

  • 1984年
    東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻漆芸分野修了
  • 1986年
    日本伝統漆芸展初出品
  • 1990年
    日本伝統工芸展初出品
  • 1993年
    文化庁主催指定文化財修理技術者講習修了
  • 1998年
    個展「花のParty」(銀座 文藝春秋画廊)
    「香りのうつわ今」展 (磐田市 香りの博物館)
  • 1999年
    五島記念文化財団助成で1年海外研修(西欧、北米)〜00
  • 2001年
    個展「海外研修帰国記念展」(Bunkamura Gallery)
  • 2002年
    個展「水と花と風と」(名古屋 余白)
    個展「vivid」(銀座 Gallery Tanaka)
  • 2003年
    個展「activity」(京王プラザホテル)
    文化庁芸術家在外派遣研修員として英国にて1年海外研修:〜04
  • 2004年
    「SETAGAYA ART 2004」展(世田谷美術館)
  • 2006年
    「SETAGAYA ART 2006」展 (世田谷美術館)
    個展「海外研修報告ーthereー」(京王プラザホテル)
  • 2008年
    個展「version」(銀座 Gallery Tanaka)
  • 2010年
    個展ーassortー(日本橋 三越本店)
  • 2011年
    台南国際樹漆藝術大展(台湾)
  • 2012年
    東京藝術大学創立125周年記念ー漆芸 軌跡と未来展(東京藝術大学美術館

Award

  • 1995年
    第12回日本伝統漆芸展 東京都教育委員会賞受賞
  • 1998年
    第9回五島記念文化賞美術新人賞受賞
  • 2003年
    文化庁在外派遣研修員