写真:名倉 鳳山

名倉 鳳山 ナグラ ホウザン

材料の石には、門谷近くで採れる金鳳石(きんぽうせき)、煙巌石(えんがんせき)、鳳鳴石(ほうめいせき)が使われ、この3種類の石で作られた硯を「鳳来寺硯」と呼んでいます。 

先祖から受け継いだ技術の練摩と後進への伝承はもちろん、日本人の精神と美意識を表現する「心の器」として、硯を単なる書の道具はなく美術工芸品へ、さらには唐様式ではない和様式の新しい文化・芸術の領域へと価値を高めるべく、日々制作しております。

Works

作品をもっと見る

Information

  • 分野
    諸工芸
  • 所属
    日本工芸会正会員
  • リンク

Career

  • 1953年
    愛知県鳳来町(現・新城市)に四代鳳山(正康)長男として生まれる
  • 1972年
    愛知県立旭丘高校美術科卒業
  • 1977年
    東京藝術大学彫刻科卒業
  • 1980年
    東海伝統工芸展入選(以後も入選を重ねる)
  • 1981年
    第28回日本伝統工芸展入選(以後も入選を重ねる)
  • 1982年
    瀬戸工芸会グループ展(名古屋三越)
  • 1983年
    伝統工芸会第七部会展入選(以後も入選を重ねる)
  • 1988年
    日本工芸会正会員となる
  • 1992年
    親子展(名古屋丸栄・豊橋丸栄)
  • 1997年
    個展(岐阜髙島屋)
    個展(名古屋丸栄)グループ展(新宿京王)
  • 1999年
    東海伝統工芸展審査員となる
    個展(名古屋丸栄)
  • 2000年
    文化庁子ども鑑賞事業(美術工芸部門講師)
  • 2001年
    伝統工芸第七部会展審査員となる
    個展(名古屋丸栄)硯企画展(春日井市道風記念館)
  • 2002年
    個展(岐阜髙島屋)硯企画展(三州足助屋敷工人館)
    日中交流硯作品展(北京)
  • 2003年
    五代鳳山襲名
    個展(名古屋丸栄・豊橋丸栄)
  • 2004年
    第51回日本伝統工芸展監査委員となる
    硯企画展(ギャラリー葵丘)
    名古屋美術倶楽部 創立百周年記念展出品
  • 2005年
    グループ展(CBCギャラリー)
  • 2006年
    個展(名古屋丸栄)個展(鳳来館)
  • 2008年
    第55回日本伝統工芸展監査委員となる
    個展(名古屋丸栄)(鳳来館)
  • 2010年
    市無形文化財に指定される
    企画展(ギャラリーGウイング 金沢)
  • 2011年
    「硯ことはじめ」(-宮市博物館)
  • 2012年
    個展(JR名古屋髙島屋)個展(大阪髙島屋)
  • 市指定無形文化財保持者
    (社)日本工芸会正会員
    (社)日本工芸会東海支部常任幹事
    (社)日本工芸会諸工芸部会幹事 CBCクラブ会員
    名古屋造形大学非常勤講師

Award

  • 1990年
    第21回東海伝統工芸展 愛知県知事賞受賞
  • 1991年
    第7回伝統工芸第七部会展 日本工芸会賞受賞
  • 1995年
    第26回東海伝統工芸展 名古屋市長賞受賞
  • 1996年
    第27回東海伝統工芸展 中日賞受賞
  • 1997年
    第28回東海伝統工芸展 奨励賞(岐阜髙島屋賞)受賞
    第44回日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞受賞(文化庁買上)
  • 1999年
    第21回都市文化奨励賞受賞
  • 2003年
    愛知県芸術文化選奨文化賞受賞
  • 2007年
    第21回伝統工芸展諸工芸部会展日本工芸会賞受賞
  • 2013年
    第33回伝統文化ポーラ賞地域賞受賞
    第60回日本伝統工芸展 奨励賞受賞