練上げ(ねりあげ)

写真:練上げ(ねりあげ)

練上げについて

練上げの作品は、さまざまな色の粘土をつみ重ねたりはり合わせて作ります。粘土の組み合わせ方によっていろいろな模様を作ることができ、断面の模様が器の表面にあらわれるようにします。
色のついた粘土はふくまれる成分がちがうので、割れたりはがれたりしないように注意が必要です。できあがった作品の内がわと外がわは同じような模様になります。

練上げの作り方

  1. 1.うすく切った青と白の粘土を交互に重ねます。
  2. 2.厚さを合わせて切ります。
  3. 3.大きな円柱になるように組み上げていきます。
  4. 4.大きな円柱の断面に模様ができます。
  5. 5.皿に必要な厚みに切ります。
  6. 6.型にのせて皿の丸みをつけます。
  7. 7.形をととのえて素焼します。
  8. 8.透明になる釉薬をかけて本焼をして完成!
  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧