鉄絵(てつえ)

写真:鉄絵(てつえ)

鉄絵について

酸化鉄(さびた鉄のこと)をふくむ絵の具で模様を描き、役と透明になる釉薬をかけて本焼きをします。焼くことによって絵の具にふくまれている鉄分の色が変わることを利用した陶芸の基本となる作りかたです。
筆で描いた模様がそのまま表現され、窯の温度や絵の具の成分の調節によってもともとの赤黒いさびの色から黄褐色から黒色まで変化させることができます。

鉄絵の作り方

  1. 1.素焼きした器を使います。
  2. 2.絵の具で模様を描きます。
  3. 3.(焼く前は真っ白ですが)焼くと透明になる釉薬をかけます。
  4. 4.本焼をして完成!(赤色のところは銅を使っています)。
  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧