色絵(いろえ)

写真:色絵(いろえ)

色絵について

色絵は、透明な釉薬をかけて本焼した上に、絵の具で模様を描き、約800度の低い温度で焼いて仕上げます。そのため上絵ともいいます。昔から伝わる色絵の作りかたは、和絵の具とよばれる絵の具を使います。赤、青、黄、緑、紫などの色をつけることができます。洋絵の具を使う方法もあります。
和絵の具は、中国大陸から伝えられたもので、焼く前と後で絵の具の色が大きく変化します。
洋絵の具は焼く前と後で色はほとんど変わらず、絵の具を混ぜることもでき、色の種類もたくさんあります。

色絵の作り方(和絵の具を使う)

  1. 1.本焼をした白い器を使います。
  2. 2.模様のりんかくを描きます。
  3. 3.成分の違う和絵の具でそれぞれの部分を塗ります。
  4. 4.約800度で焼いて完成!

色絵の作り方(洋絵の具を使う)

  1. 1.本焼をして赤紫色になった器を使います。
  2. 2.色を分けたい部分にテープをはります。
  3. 3.それぞれの面に色や模様をつけテープをはがして焼きます。
  4. 4.金や銀の色をつけてさらに焼いて完成!
  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧