青白磁(せいはくじ)

写真:青白磁(せいはくじ)

青白磁について

青白磁は、白い石を原料とした磁器土から作られています。素焼した器に、焼くと青味のでる鉄分を少しふくんだ釉薬をかけて焼いた作品のことで、中国で焼かれたものが始まりです。
焼くと透明になる釉薬をかけて作り、器の白さをいかしたものを白磁といいます。鉄分をふくんだ土に、焼くと青緑色になる釉薬をかけてできたものを青磁(青瓷)といいます。
きざまれた模様の部分に溶けた青色の釉薬がたまって美しい水たまりのようになります。青白磁のむずかしさは、釉薬をとても厚く塗るので、焼いている間、器に負担がかかり、割れやすいところです。

青白磁の作り方

  1. 1.器に模様をつけて素焼します。
  2. 2.釉薬を模様がかくれる位厚く塗ります。
  3. 3.本焼をして青味が出たら完成!
  4. 4.青味が強く出た模様の部分
  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧