蝋型(ろうがた)

写真:蝋型(ろうがた)

蝋型について

蝋で作った型に砂と粘土を混ぜた鋳型材を塗り、その型を蝋がなくなるまで焼きます(脱蝋)。次に熔けた金属を流しこみ、さめたら型をこわします。熱で蝋が熔けてなくなり、蝋で作った形そのままに作品をつくることができます。
蝋型はほかの型よりも複雑な形を作ることができ、蝋のあたたかいなめらかさが表現できます。

蝋型の作り方

  1. 1.蝋をのばして作品の原形を作ります。
  2. 2.熔けた金属を流しこむための湯口を下に作ります。
  3. 3.まわりをかこみ、鋳型材を流しこんで型を作ります。
  4. 4.蝋を熔かした型に金属を流しこみ取り出します。
  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧