惣型(茶釜・鉄瓶)

写真:惣型(茶釜・鉄瓶)

惣型(そうがた)について

砂と粘土をまぜた土で形の輪郭にあわせた型紙の板を直接回転させて、型を作ります。おもに茶道で使われる茶の湯釜や、お寺のつり鐘などがつくられます。型から取り出した釜は、熱しながら漆やおはぐろなどを塗って、独特の美しい色に仕上げます。

惣型の作り方

  1. 1.板を回転させて砂と土で型を作ります。
  2. 2.土が乾かないうちにヘラで模様をつけます。
  3. 3.内側に土をつめてすき間に金属を流しこみます。
  4. 4.型をこわして中の釜を取り出します。
  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧