木版染(もくはんぞめ)

写真:木版染(もくはんぞめ)

木版染について

模様を彫った木の版に刷毛で染料を塗り、生地に当て、金づちでたたいて模様を染めつけます。木の版のひとつひとつは単純な形ですが、それらを組み合わせていろいろな模様をつくり出すことができます。
同じ形でも色の変化をつけたり、木の版の組み合わせでつくられる模様が見所です。

木版染の作り方

  1. 1.模様に合った木の版を選びます。
  2. 2.生地に青花液で下絵を描きます。
  3. 3.染料を塗った木の版を下絵に合わせ、たたいて染めます。
  4. 4.模様の上にのりを置いて地色を染めて蒸し、水洗いして完成!
  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧