紬織(つむぎおり)

写真:紬織(つむぎおり)

紬織について

紬糸を使った絹織物です。生糸を使った絹織物にくらべて、光沢や表面のなめらかさは少なく、ざっくりした素朴な風合いになります。縞模様や絣柄のものが多いですが、近年はいろいろな染め糸を使って、グラデーションなどの様々な表現ができるようになりました。
軽くて丈夫でしなやかな紬の感触は着物や帯に適しています。

紬糸の作り方

  1. 1.蚕が吐いた糸はまゆになります。
  2. 2.左から、生糸、真綿、まゆ玉。
  3. 3.真綿から糸を引き出します。
  4. 4.紬糸を染料に浸ひたして染めます。

紬織の作り方

  1. 1.ちきりにたて糸の本数と長さをそろえて巻きとっておきます。
  2. 2.よこ糸を小管に巻いて杼という道具にセットします。
  3. 3.織機のたて糸に、杼に入ったよこ糸を通して織っていきます。
  4. 4.幅40センチ・長さ13メートル位の着物一枚分の生地に仕上げます。
  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧