漆芸

漆芸について

漆芸とは、漆の木から出る樹液を器の表面に塗ったり模様を描いて作品をつくる技術のことをいいます。漆は固まると水をはじき、くさらない被膜を作るので、昔から生活の道具に用いられてきました。身のまわりを見回してみましょう。椀や箸、盆や重箱など、漆が塗られた器をすぐに見つけることができます。
漆は石器時代から接着剤として使われ、塗料としては9000年前の縄文遺跡から赤い漆が塗られた装飾品が見つかっています。
この漆の特徴をいかし、金・銀や貝で美しく装飾し、大切な文書や衣装を入れる箱や、楽器、刀の鞘や鎧などがつくられてきました。現在では、椀や盆といった生活用品のほかに、茶道具(棗、香合)や飾箱など美しい漆芸作品がつくられています。

制作工程

  • 1 形を作る

    椀・箱・皿・盆などにはおもに木を素材に使います。また、竹を編んで形を作ったり、型に麻布や和紙をはって形を作る技法もあります。そのほか、動物の皮や金属、陶磁も使います。

  • 2 漆を塗る

    作品の素材に漆を塗ることを〔髹漆〕といいます。ヘラや刷毛を使って漆を塗る作業のことです。漆を塗っては研ぐことを何度もくり返すことにより、美しい肌合いの表面ができあがります。

  • 3-1 そのまま完成
  • 3-2 模様をつけて完成

技法紹介

  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧

主な産地