彫漆(ちょうしつ)

写真:彫漆(ちょうしつ)

彫漆について

素地に色漆を何十回も塗り重ねて厚い漆の層を作ります。その層に、彫刻刀で彫り込んで模様を表現する技法を彫漆といいます。800年ほど前に中国から伝わった技法です。
彫漆の仕事はまず、完成を考えながら色漆を塗ることからはじまります。黒漆は百回塗り重ねて、やっと厚さが3ミリになります。朱漆を塗り重ねて彫ったものを堆朱、黒漆を塗り重ねて彫ったものを堆黒といいます。
立体感のある彫りと、色漆の層の色彩の美しさです。

彫漆の作り方

  1. 1.色漆を何色も塗り重ねて、漆の層を作ります。
  2. 2.塗り重ねた色が見えるように工夫をしながら模様を彫ります。
  3. 3.表面がなめらかになるように細かい砥石で研ぎます。
  4. 4.みがいて仕上げます(部分)。
  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧