指物(さしもの)

写真:指物(さしもの)

指物について

木目の組み合わせを考えて、木を正確に切ることが第一歩です。木を削ったり彫ったりして、つぎ手と呼ばれる凸と凹の部材をつくり、それらを直角に組み合わせて箱などの作品をつくります。金属のクギなどを使わないで組み立てることが、指物(さしもの)の特徴です。

指物の作り方

  1. 1.木を必要な数だけ切ります。
  2. 2.パーツごとにうまく繋がるようにつぎ目を作ります。
  3. 3.組み立てて形を作ります。
  4. 4.仕上げに漆を塗って完成!
  • 出典:
    「伝統工芸ってなに?-見る・知る・楽しむガイドブックー」公益社団法人日本工芸会東日本支部編・芸艸堂発行 掲載作品一覧