写真:紫檀木画箱

紫檀木画箱

三浦 信一 (ミウラ シンイチ)
¥1,296,000 (税込)

この作品のお問合せ

Information

全体は紫檀・神代欅・神代タモの木画で構成している。象牙の細線により、木画を引き立たせるとともに作品全体を引き締めている。
  • 分野
    木竹工
  • 制作年
    2010年
  • 取扱い方法
    埃等はぬれた布等で拭かずに、乾いた布で軽くふいてください。
    空調の風や照明を近くで長くあてないようにする。
  • 備考
    箱付き。

Techniques

指物

木目の組み合わせを考えて、木を正確に切ることが第一歩です。木を削ったり彫ったりして、つぎ手と呼ばれる凸と凹の部材をつくり、それらを直角に組み合わせて箱などの作品をつくります。金属のクギなどを使わないで組み立てることが、指物(さしもの)の特徴です。

技法の詳細を見る

Artist&Works

写真:三浦 信一

三浦 信一 Shinichi Miura

  • 木竹工
  • / 日本工芸会正会員

正倉院の御物に感銘を受け木工芸作品製作を始める。以後、研究を重ねた結果として和木・唐木にこだわらず、また加飾材料として金属・象牙・染角等を取り入れ、作品製作に取り組む。 作風は、伝統的な意匠を基・・・

作家の詳細を見る

作品をもっと見る